2008年02月12日

夕日は語る

080211-170539s.jpg
ども!だるまです。

今日は早起きして朝日を撮りに行く予定だったのですが
寝坊して夕日撮影会に変更しました(^_^;)

撮影場所は六国見山

夕日の沈む1時間前に到着しIZA勝負!

が、ぴーかんすぎて夕日っぽくない。。(^_^;)

天気が良すぎるのも考え物です。
そういえば先日読んだモノクロ写真家の本で
モノクロは天気が悪いときが勝負だ!と書かれていて大きく頷いてしまいました。

今日はカラーだったんですけどね^^;

さて先日ついでにこの前見つけた本の話。

「予算別撮影旅行のススメ」

えぇ、速攻で買いましたよ。
ブックオフで100円でしたし。

まだ読んでませんがきっと読んだら
ぷち撮影旅行に行きたくなりそうな予感

マラソン本番まで1月ほどだというのにキケン!
そもそもその1週間後は写真展だし。。

さて、とりあえず撮り続けよう。。(^^)/
ではまた〜
posted by おふらば〜 at 00:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真
この記事へのコメント
 ピーカンすぎるとらしくない
と言うのは
非常に絵に通じる話ですね。
モチーフの中で、それぞれをなす記号の比重の度合い。
いくら技術があっても、ここを逃がすとらしくないし。
また、そこを強く捉えていれば技術はさほど問題ではない。
子供が絵を描く時の強味かな。
大人は技術が伴っていかないと描けない様になって行きますから。
Posted by 高橋けんじ at 2008年02月12日 04:11
写真もある意味絵ですからね。

写真に取り組みはじめて美術館や町中にあふれる絵に目が行くようになりました。

伝えたいという意志を持って対象を絞り込んだ写真や絵というのはすごい力がありますね

知識よりも心で撮るということも大事ですが
もっともっといろいろ学んでいきたいです。
Posted by だるま at 2008年02月13日 22:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック