2007年02月11日

パンクチューブの再利用

ども!だるまです。

昨日は連休初日。
意気揚揚と浜マスに出かけようと楽しみにしていたのですが、
一昨日の夜、23時に休日出勤が決定。

塗り替えられた週末の予定に号泣。。。

まぁ、泣いていても仕方ないので、気持ちを切り替えて、
自転車通勤で出社して、早く仕事を終わらせれば、
マス参加も可能!

よし!がんばって仕事行くぞ〜。
っと、家を出発して30分後。

久々の通勤道の路面具合を楽しみながら、走っていると、
お尻に道路の轍を走っているような衝撃の感覚が・・・

ん?っと思い、後輪を見てびっくり!
パンクしてますよ!え〜〜〜。

家出る前に空気入れてきたのに・・・。
なんか仕事に行く気が一気にしぼんで・・・。

まぁ、このままでは帰るも行くもできないので、近くの歩道でパンク修理開始。

で、タイヤをはずして調べてみると、カッターの刃の欠片のような物がジャストミートしてました。
こりゃ、パンクしますね。
#にしても、空気パンパンで弾き飛ばせなかったと言うのもちょっと切ないのですが・・・。

予備チューブに交換して、タイヤ修理完了。
ロードだからかもしれないけど、10分ほどで修理できるようになった自分にちょっと感動(^o^)

もう一回パンクしたら、帰ろうかと真剣に考えたりしたのですが、職場まで問題なく到着。
まじめに仕事をして、気づいたら17時。。。

マス終わってますね。間違いなく。(+_+)
念のため、matokenさんにTELしたのですが、やっぱり終わってました。(>_<)

せめて、修理に使ったチューブの予備を買って帰ろうと、戸部のRUNに寄ることに。

携帯ポンプで入れた割には空気圧も問題なく、快適に到着。
チューブとスプロケ外しを買って、とめてある自転車に跨ると心なしかサドルが低いような・・・。

後輪を見ると「・・・数時間前にタイムスリップしました?(・・;)」

パンクしてました。。。

早速、修理開始。
と、昼間と違う場所にパンク穴検出。

その近辺のタイヤを入念にチェック。
すると、なにか刺さっているのを確認。

が、爪で引っかいても取れない。
お店でピンセットを借りて格闘すること5分。

ようやく取れたその刺さっていたものとは「髪の毛くらいの太さの3mmくらいの針」

またしてもジャストミート。。。

買ったばかりのチューブに交換して、帰途につきました。
さすがに3度目はなかったですが、一日2回パンクは(パンク修理ミスでの再発を除くと)自己新記録。

長い自転車人生、こんな日もありますよね。(・・;)

パンク修理パッチも持っていたのですが、以前に冬場に使って、接着面から空気漏れが再発したことがあり、
パンク修理は基本的にチューブ交換しちゃっています。

で、困ったのがこの穴空きチューブ。

さて、何に再利用したものか?

とりあえず、何か縛って固定するように自動車にでも積んでおこうかな〜。

みなさん、パンクチューブってどうされてますか?
お勧め再利用法があれば教えてくださ〜い。(^o^)丿

posted by おふらば〜 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック